TOP >OJT会員向け情報 > ケーススタディ勉強会

【注意事項】
 閲覧の際には、ご登録いただいたGoogleアカウントでYouTubeへログインしていただく必要があります。
 Googleアカウント未登録の方は、事務局(ojt@managementpartners.co.jp)までご連絡お願い致します。
 『この動画は再生できません』という表示が出ましたら、YouTube画面右上よりログインしてください。
 ※第三者へのご登録ID/PWの転送及び動画の開示は厳禁です。違反が発覚した場合、利用規約に基づき対処させて頂きます。

  • 第20回『破綻目前企業の経営者との接し方』NEW!

  •  
  • <概要>
  • 実際に経営破綻になり、廃業や債務整理となったケースを振り返り、その過程における経営者のメンタルケアまで踏み込んだ事例をお話します。 本内容を顧問先経営者との日頃のコンタクトに役立て、事業劣化にブレーキを掛け破綻を未然に防ぎましょう!

  • 第19回『値上げによる経営改善~サービス業の成功事例を中心に~』

  •  
  • <概要>
  • 成功事例から、値上げをスムースに進めるコツのヒントをつかんでいただきます。業種をまたいで使える考え方です。 今後は粗利の高いビジネスしか生き残れない時代、その有効な対処方法が値上げです!

  • 特別講座『ものづくり補助金申請書作成時の留意点と審査のポイント』

  •  
  • <概要>
  • 2018年2月28日より、H29年度補正予算による『ものづくり補助金』の公募が開始されました。 当該補助金に詳しいコンサルタント(中小企業診断士)による特別講座を開催いたしました。 審査員に評価され点数を稼げる記述の仕方とは?を中心に、具体的なテクニックの解説をします。

  • 第18回『なんとかなる!窮境企業が持ち込む、相談、社長、出口見極め』

  •  
  • <概要>
  • 窮境に陥った(陥りそうな)企業からどのような相談が多いのか? 相談してくる社長の特徴とは?どう対応すべき?そして、初期の出口戦略見極め(仮説づくり)とは? 症例研究的視点で、実際にあったケースをご紹介していきます。 スピード感を持って対応すべき再生・経営改善において重要なポイントとはなにか?をつかむヒントにして下さい。

  • 第17回『経営改善計画からの出口事例-経営力強化保証と事業正常化融資の活用-』

  •  
  • <概要>
  • 経営改善計画の実行で計画目標が達成されれば計画からの出口、すなわち金融取引の正常化を目指すことになります。 編集業の倒産危機からリスケ、計画策定、事業の改善、リファイナンスまで3年半の軌跡を事例として出口までのプロセスを研究します。

  • 第16回『製造業の資金繰り計画の立て方~P/Lでは見えて来ない資金繰りをB/Sから見通す方法』

  •  
  • <概要>
  • 製造業や土木建設業の資金計画は、卸小売業と異なり計画が立てにくいという経営者様が多いと感じます。 そもそも、資金収支は現預金の増減のため、損益とは直接リンクしていません。では、どのような見方をすればよいのでしょうか。 6つの理解すべきポイントをピックアップし、解説します。

  • 第15回『中小企業における、危険が伴う意思決定のスピードと対策~紳士革靴製造卸売企業事例~』

  •  
  • <概要>
  • 経営者に求められる意思決定のスピードが伴うリスクとは?場当たり的な意思決定がもたらす危険や影響と、その後の建て直しについて、靴卸売企業の事例を用いて研究します。
    ~ポイント~
    ・スピーディーな意思決定や行動力が場当たり的である事で引き起こされる問題の数々
    ・自社の「強み」領域を再検討、なければ構築という原則について
    ・いまの経営資源で何が出来るのか、経営者と膝を付け合わせながらの戦略策定

  • 第14回『需要縮小業界における、ビジネスモデル再構築による業績回復手法~墓石卸売企業事例~』

  •  
  • <概要>
  • 墓じまいに散骨、樹木葬など、激変する墓石業界で生き残るためには!社長交代による新経営体制で、経営改善をどのように支援したか、墓石卸売業の事例を用いて研究します。
    ~ポイント~
    ・新経営体制でスタート、まずは何から支援を始めたのか
    ・お墓が売れない時代、ビジネスモデルの再構築が急務!どうすれば良いのか?
    ・営業は日々の仕事に追われ、新規開拓や既存顧客の深耕ができない!その解決方法とは?

  • 第13回『経営改善計画策定から見る、ビジネスモデルと戦略立案~企業の改善経過とその結果』

  •  
  • <概要>
  • ・ビジネスモデルとは・・・企業活動を通して変化し続けるビジネスモデル
    ・戦略立案のポイント・・・窮境企業のビジネスモデルを再構築するための、事業分析の手法と戦略立案
    ・事例から見る企業の改善経過とその結果・・・実際に戦略を実行していった企業の結末とは

  • 第12回『どんぶり勘定から脱却せよ!~経営改善計画策定における管理会計活用のポイント~』

  •  
  • <概要>
  • 窮境企業に共通する欠点の一つとして、「数字に弱い=どんぶり勘定」で経営を行なっていることが挙げられます。 しかし、どんぶり勘定から脱却することは、経営改善計画策定及びその後の事業再生において極めて重要です。 そこで、実際のケーススタディを通して、窮境企業の実態(どんぶり勘定)と、それを克服するための管理会計の重要性とその活用方法について研究します。

  • 第11回『労働分配率と経営改善』

  •  
  • <概要>
  • 労働分配率を算出した後、その数値を用いてどのように経営改善(意識改革)を図るか事例を用いて解説します。
    ~ポイント~
    ・STRAC会計を用いた簡易的な労働分配率の算出方法
    ・業種別の労働分配率の見方とは
    ・経営改善に向け、労働分配率を適正に保つための意識改革を図る方法とは
    ・労働分配率を用い、従業員が率先してムダをなくすように仕向ける方法とは

  • 第10回『アパレル企業の事例で見る、クロスSWOT分析と経営戦略立案』

  •  
  • <概要>
  • 企業の現状を明らかにした後、戦略立案につなげていくには?SWOT分析、クロスSWOT分析を活用し、戦略立案。アクションプラン策定を行った事例を取り上げます。
    「最近の総合スーパーはダメ」「やっぱり今の時代、ネット販売!」など、巷で聞きかじった思い込みや、”定番”のアドバイスでは失敗します。実態把握で整理したSWOTから、当社固有の戦略立案する手法を解説します。

  • 第9回『工事台帳を会社に作らせるための秘訣とは!』

  •  
  • <概要>
  • 貴方が支援している建設会社は儲かっていますか。儲かっていないとしたら、どの工事の赤字が原因か把握できているでしょうか。 建設会社の”どんぶり勘定”を正すためにも、その会社にあった工事台帳の作り方や運用のさせ方を研究します。
    ~ポイント~
    ・社長が工事台帳で悩む3つのポイント
    ・その会社用の工事台帳を作るための手順
    ・工事台帳を運用させるための経営者・従業員の巻き込み方

  • 第8回『意外とつくられていない!? 販売計画・仕入計画をつくることで、資金繰り・業績の安定化を図る!』

  •  
  • <概要>
  • 小売業(地方都市セレクトショップ)の事例から、経営改善手法を研究します。
    ~ポイント~
    ・販売計画から導く、商品、販促、店舗戦略
    ・センス頼みに陥らない、販売計画(売る計画)と仕入計画
    ・数値に基づいた現場コミュニケーションによる業績回復、安定化

  • 第7回『収益改善はブレない店舗コンセプトづくりから!』

  •  
  • <概要>
  • 「メニューの種類はいっぱいあるのに・・」「美味しい料理を提供しているのに・・」「良い接客をしているのに・・」だがなぜか儲かっていない。そんな店舗の収益を改善するための方法を事例に基づいて研究します。 店舗コンセプトがブレているなぜ悪いのか?
    ~ポイント~
    ・どこが・なぜ?ブレていると判断できるのか?
    ・経営者に納得してもらいながら、一緒にブレない店舗コンセプトをつくる方法とは?

  • 第6回『経営改善計画の策定・実行支援・モニタリングにおける【経営者とコミットすべき5つのポイント】』

  •  
  • <概要>
  • 経営改善計画策定および実行支援の流れに沿って、経営者のコミットを引き出すポイントについて研究します。
    ~ポイント~
    ・経営者の悩みが「糸口」となる
    ・言いにくい事をとことん言って、それをコミットする
    ・現場を巻き込むことにより、改善の実効性を高める

  • 第5回『技術を売る!~自動車整備業から見る、もうけのしくみ刷新のポイント~』

  • <概要>
  • 「当社には良い技術はあるんだが・・・」「良いサービス品質を提供しているのだが・・・」「良い技術・良いサービスを提供していればお客様は自然とついてくるものだ!」だがなぜか儲かっていない・・・そんな会社はありませんか?
    本講座では、自動車整備業の事例を見ながら、企業のもうけの仕組みを変える方法を事例に基づいて研究します。

  • 第4回『製造業の現場改善』

  •  
  • <概要>
  • 製造業における経営改善を具体化する現場改善について、解決例を紹介しながら手法や進め方について研究します。
    ~ポイント~
    ・生産能力を上げるためのボトルネック工程解消が急務なのに、現場は「できない」理由ばかり。その解決方法とは?
    ・得意先から「ジャストインタイム」方式での納品、少量多品種生産を要求され、生産効率が低下。どのように対処したか?
    ・旧来の価格を維持するばかりに赤字製品が存在。初めての価格交渉とその結果。

  • 第3回『不採算事業の撤退支援』

  •  
  • <概要>
  • 不採算はわかっているのに、思い入れのある事業がやめられない!そんな事業の撤退を進めるための取り組みやポイントを研究します。
    ~ポイント~
    ・50年以上続いている「自社の強み」であり「社長の人生」である事業から、他事業へ踏み出した企業の支援内容とは
    ・5年間も部門損益は赤字、でもまだその部門は残したい・・そんな社長を説得した方法とは

  • 第2回『緊急的資金繰り支援の実態』

  •  
  • <概要>
  • 経営改善計画の策定前後に起きた資金ショートの危機にどのように対処し、どのような結果となったのか、その取り組みや成否のポイントを研究します。
    ~ポイント~
    ・3週間後に資金ショート確実、事業存続か撤退か悩む社長との土壇場での向き合い方
    ・仕入れ資金がない!だけど、粉飾がバレて銀行が激怒している、どうしよう・・・
    ・ニューマネー調達に向けて綿密な準備完了、絶対の自信を持って臨んだ交渉結果は?

  • 第1回『製造業の経営改善実例』

  •  
  • <概要>
  • 経営改善計画策定後のアクションプラン実行フェーズ支援事例の取組みを研究します。
    ~ポイント~
    ・全体最適を妨げていた事業部制廃止~経営陣の気持ちはひとつになるか!?~
    ・不採算取引撲滅を目指して!~背水の陣を引いた「値上げ交渉」の顛末~
    ・品質改善/不良率改善プロジェクト~一石二鳥を狙ったプロジェクトの成否~