TOP >事例紹介 > 経営改善計画を機に会計事務所のMAS獲得につながった事例

経営改善計画を機に
会計事務所のMAS獲得につながった事例

<企業概要>

事業内容:建材卸売業
従業員数:15名
売上高:6億円

<当社の現状>

地域の老舗名門企業である当社。長らく、市場縮小の影響で業績が低迷していましたが、最近では景気の回復やオリンピック需要等で建設業界に明るい兆しが出てきており、多くの中小企業でもその恩恵を亭受している状況です。

ところが、当社に限っては、そうした追い風を業績向上に結び付けることができていませんでした。以前に経営計画を立てていたのですが、それを下回る状況が続いており、メインバンクである地方銀行を心配し、協力する前提で経営改善計画策定をするよう指導してきたものです。

そんな中、もともと税務顧問でもあった地元会計事務所とMPSで協業することにより、経営改善計画策定支援をするに至りました。

<当社の問題点>

調査の中で分かってきたことは、極度のワンマン経営で、社長が末端の従業員まで頻繁に指示を出し、中間管理職(部長や支店長)の権限や責任が不明確で存在価値が希薄な組織運営と、それによって従業員たちが精神的に疲弊している状況でした。

顧客基盤や技術は確かなものを持っているのに、人や組織の活用不足で、強みを活かせずにいた典型でした。

<改善への道>

まずは、全社参加の経営計画発表会を開催。会社の現状と今後の方針を社長の言葉で明確にしました。また、会社の課題を明確にして解決策を見出し、業績の安定と向上を図ることを目的として、経営会議を新設。社長+幹部社員(部長・支店長)、そして会計事務所とMPSの参加で運営していきました。この会議を通じて、会計事務所(+MPS)がアドバイスをしながら、幹部社員主体で議論や改善を進めていく体制づくりを進めていきました。加えて、営業所別、個人別の目標数値を明確にするとともに、一部インセンティブも導入していきました。

こうした施策を重ねることで、1年目には支店長たちは自らの役割を認識し、マネジメント面で機能するようになっていきました。業績面では、計画1期は若干計画値に届かない見込みではあるものの、翌期への仕掛り(仕込み)案件も多く、希望を見出せる状況となっています。

こうした成果を積み重ねることで、経営者に加え、メインバンクからの信頼を勝ち得ることができ、半年程度はMPSが主体で実行支援を続けていたものの、その後は会計事務所が直接MASによる支援を続けることとなりました。